>

マンション管理

マンションの管理は、共用部分やゴミ置き場の清掃、メンテナンスなど、資産としての価値を高めるためにも、住み心地のよさを保ためにも必要なことです。

マンションの管理の行き届き具合は、ゴミ置き場や目に付かないところなどを見ればわかるものです。

現在お住まいの方だけではなく、マンションを内覧に来られる方やこれからの購入を考えられている方にとっても、そのマンションが住みやすいかどうかを判断する材料になります。

マンション管理業務

マンションは大切な「資産」であると同時に、お住まいとしての「住みやすさ」も求められます。この両方を満たすために、マンション管理は重要な役割を担っています。

資産としての建物を維持・保全していくためには清掃管理、設備管理等のメンテナンスをきちんとすることが必要です。

行き届いた保全は、住まいとしての住みやすさにもつながっていき、人気物件としての評価にもつながります。

「資産価値」と「暮らしやすさ」の両方の面からしっかりと取り組む、東豊産業のマンション管理をご利用ください。

清掃管理

マンションの共用部分や窓ガラスなどの場合、個人や管理人だけでは清掃しきれないところがあります。定期的な窓ガラスや共用部分の清掃は、マンションの美観を保つ上でも必要なことです。清掃管理はプロの手で日頃は行き届かない部分の清掃をすると同時に、通常の管理業務では目が行き届かない部分のトラブルや不具合の発見にもつながることがあります。マンション全体の保全を考える上で必要な業務です。

設備管理

エレベーター、給排水設備、消防設備、機械式駐車場、共用設備など定期検査や定期点検の実施を義務づけられているものがあります。

これらの設備を定期的に検査・点検することはマンションにお住まいの方をトラブルから守り、安心して生活していただくために必要なことです。

築年数がたつと、設備面でも不具合が出てくることがあります。定期的にきちんと点検をし、メンテナンスをすることでマンション全体の保全にもなります。安全面と生活の利便性、そして資産価値の高いマンションとして維持するために、東豊産業の設備管理をご利用ください。