>

建設工事・リフォーム事業

ビルやマンションの保全を考えるときに欠かせないのは建設工事、リフォーム工事です。

建物は定期的にメンテナンスをすることが求められます。設備関係の定期点検や清掃だけではなく、ビルやマンションの建物の保全をしていくことが、建物としての美観と安全性を保ち、資産価値を維持するために重要なことです。

東豊産業では、建設工事・リフォーム事業として営繕・改修工事、外壁補修、オフィス内装工事、リフォーム・リノベーション、耐震補強工事、マンション大規模修繕工事に取り組んでおります。

営繕・改修工事

建物の保全を考える時に、短期的な視点でのメンテナンスとともに、長期的な視野も必要です。

不具合が出る度ごとの小さな補修工事とともに、長期的な視点での営繕・改修工事をしていくことが大切です。

ビルのご利用者の安全性を保つとともに、建物としての資産価値を維持するためには、営繕・改修工事は欠かせません。

また、ビルを使用しながら数ヶ月に及ぶ工事になる場合が多いですので、ご利用者とともに、付近を通行される方の安全性をも守る必要があります。

資産価値と安全を守るための営繕・改修工事は、確かな技術ときめの細かい対応ができる東豊産業におまかせください。

外壁改修・外壁塗装

ビルやマンションの第一印象は見た目に左右されますが、ビルの美観を左右するのは、主に外壁の状態です。タイルや石張りの割れや欠け、目地の亀裂、塗装のはがれている部分等は美観だけではなく、防水の観点からも重要です。

壁の内側に水が入ることで、漏水や鉄筋の腐食など、耐久性の問題や入居者への補償問題につながることがあります。安全性や資産価値の低下にも影響しますので、問題が起こる前に定期的に改修をしていただきたい部分です。工事は足場を組んで行い、数ヶ月かかることもあります。

外壁改修・外壁塗装は長期の工事も安全に配慮し、技術も確かな東豊産業におまかせください。

オフィス内装工事

ビルの入居者が変わられるときに、痛んだ部分、汚れている部分を補修するだけではなく、仕様用途を変更するために内装工事が必要な場合があります。レイアウトに関わる部分や、パーテーション・間仕切りの変更などオフィスならではの仕様があります。

リフォーム・リノベーション

ビルやマンションの部屋のリフォームやリノベーションをすることで、空間の価値を高め新たな用途や使い方をすることができます。

リフォームは、一般的には老朽化した部分などをもとの状態に戻すことを意味し、リノベーションは復元ではなく、新たな価値を加えて、機能や性能を向上させることを意味しています。

クロスや床材の貼り替え、キッチンや浴室などの設備の交換から、柱などの躯体だけを残し、プランを変更してしまうような大規模なリノベーションまで、さまざまな工事に対応しています。

空間を広くとったり、気密性を高めるなどの工事をすることで、空間としての使い勝手、美しさ、そして資産価値を高めるための工事を行います。

耐震補強工事

近年、各地で大規模の地震が起きており、地震による被害が大きくなる傾向があります。建物の築年数が数十年たっているものは、耐震基準の高さが気になる部分でもあるでしょう。

そうした建物の耐震補強工事を行うことは、入居者の不安を解消し安全性を確保するとともに、建物としての資産価値も向上させます。

専門知識と技術の求められる耐震補強工事は、東豊産業におまかせください。

マンション大規模修繕工事

マンションは10数年ごとに大規模修繕をすることをおすすめいたします。

外壁の補修、防水工事などの修繕を中心に、足場をかけての大規模修繕工事は、建物の美観を保つとともに、雨漏りなどから建物を守り、資産価値を維持するために必要です。

マンションの大規模改修修繕工事は、数か月かかり、その間、入居者の方が住みながらの工事いなりますので、安全性の確保と確かな技術が必要です。また、工事の範囲は広いですが、ひとつひとつは丁寧な作業も求められます。

マンション大規模修繕工事は、お住まいの方の安全性に配慮しながら迅速で丁寧なプロの技術で定評のある東豊産業におまかせください。